マツダCX-3 ~20S SKYACITIV-G 2.0 6EC-ATの新車見積

車購入

スポンサーリンク

マツダCX-3 ガソリン車の基本見積

 

先日、試乗したマツダCX-3  のガソリン仕様車20S SKYACITIV-G 2.0 6EC-AT

いざ試乗してみて、気になり購入を考えてみたので、一度見積をとってみることにしました。

CX-3の購入を検討されている方の参考になればと思います。

 

前回の試乗の様子はコチラ↓

マツダCX-3に試乗してみた~試乗の感想と見積

 

※以下のスペック、見積り情報は2019年5月現在のものです。

基本性能・スペック

車体本体価格内に含む機能は以下のとおり

・エンジン:SKY-ACTIVE-G2.0, Gベクタリングコントロール

・タイヤ:215/50R18 タイヤ&18インチアルミホイール(切削加工)

・内装:ドアアームレスト フロント ・メーターフードトリム

・ナビ:7インチWVGAセンターディスプレイ

・ライト:LED ヘッドランプ(ハイ/ロービーム:オートレべリング[光軸調整]機構付)

・エアコン:フルオートエアコン(花粉除去フィルター付)

 

安全性能・装置

車体本体価格内に含む機能は以下のとおり

・アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)

・ハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)

・AT誤発進抑制制御[前進時]

・車線逸脱警報システム(LDWS)

・ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)&リア・クロス・トラフィック・アラート

・ドライバー・アテンション・アラート(DAA)

 

基本見積額

基本的な見積額(各種オプションを含まない)を表にまとめました。

内容内訳値段
車体価格(税込)本体価格2,203,200
付属品(税込)フロアマット26,136
 ナビ用SDカード48,600
 車体価格計2,277,936
税金保険料自動車税36,200
 自動車取得税55,000
 自動車重量税36,900
 自賠責保険36,780
 税金保険料計164,880
販売所費用OSS申請代行費用34,920
 証明書管理業者利用料16,200
 希望番号費用8,000
 販売諸費用計59,120
預かり法定費用検査登録2,940
 車庫証明2,700
 預かり法定費用計5,640
その他費用リサイクル預託金合計10,830
 資金管理料金290
 その他費用計11,120
保証パックDEメンテ91,000
 延長保証18,000
 保証計109,000
総合計(税込) 2,627,696

上記はあくまでも基本的な見積りであり、最小限の装備となります。

消費税8%込みの計算です

※注:この見積りは2019年春現在、筆者の指定した諸条件にて提示されたものです。参考として見て頂きますようお願いします。

時期や条件、地域で見積額は大きく変わってきますので、詳細はご自身の条件にてメーカーに確認をお願いします。

 

多くの場合は何らかのオプションを付けるので、ここから値段が上がっていくと考えたほうがいいでしょう。(もちろんオプション付けなくても十分に走れますよ)

 

見積額の中にフロアマットとナビ用SDカードが入ってます。

これらはオプション品ですが、必須のものなので最初から見積りの中に強制的に入れられます。

必須のものならば、本体価格に含んで置いて欲しいところです…(^_^;)

 

あとマツダ安全装置のウリのひとつ、360°アラウンドビューモニターはディーラーオプションなのでついてません、残念(>_<)

オプション価格で\32,400~

これはあると便利そうなので是非とも欲しいところですが…3万円で快適になるならつける方向かな。

 

ただ、ナビはマツダコネクトとしてビルトインタイプで標準搭載ですのでSDが約5万円かかるとはいえ、他社の用に純正ナビをオプションとしてつけることがないので、ナビ代は割安で済みますね。

スポンサーリンク

メンテナンスと保証

あと、マツダ独自の保証商品としてパックでメンテと延長保証があります

パックでメンテは3年間の定期メンテナンスがパックとなる商品。

延長保証は5年か7年の延長(上記見積りは5年)

 

付けるかどうかは自由ですが、最近の車は電気で動くシステムが多く使われているため、電装関係の故障の可能性が高いとのこと、もしものときの保険として入っておくのがベター。

見積り上の価格は合わせて109,000円と高額にはなりますが、故障を実費で直すことを考えると安いですし、加えて、この額の中に3年後の初回車検の工賃を含んでおります。(諸費用は別途必要)

ディーラー車検限定ですが、初回車検費用がグッと抑えられるので、(営業さん曰く、約5万分程度)お得感はあります。

 

値引きについて

かつて、マツダ車は大きな値引きが特徴のメーカーでした。

ただ、最近では基本的に割引をしない販売方法をとっているそうです。

鼓動デザインや基本性能の評判が上がり、マツダ側もポリシー転換したのでしょう。

実際の値引き額はディーラー毎に異なるようですが、端数数万円を引いてくれる程度とのこと。

 

確かに最近はマツダ車をよく見ます、とくにCX-5は大人気ですよね。

僕はCX-3はもちろんのこと、アクセラのすらっとしたスタイルが好きで見ると、とてもカッコいいなとテンション上がります。

※アクセラは2019年4月をもって生産終了、後継車両のマツダ3として再デビューします。

 

見積の総評

全体的な価格としてはライバル車のホンダ:ベゼルよりも総額で20~30万割高な印象です。

ただベゼルに20万程度の純正ナビを付けるとすれば似たような価格ともいえますね。

同じ小型SUVとはいえ、デザイン性が異なり、ユーザーの好みが分かれるところだと思います。

 

しかし、このCX-3、マツダ車好きな人にはドンピシャの顔ですよね!(僕がそうです☆)

 

どうでしょう?高いでしょうか?安いでしょうか?

 

 

僕は購入検討に前向きではありますが、もう少し悩んで決めたいと思います。

 

ではまた。

 

スポンサーリンク

 

タイトルとURLをコピーしました