スーモカウンター(SUUMO)で注文住宅の相談を~ハウスメーカー選びのノウハウがいっぱい!

住宅購入

☆DA PUMPのCMでお馴染みのSUUMOカウンターで自分に合うハウスメーカー探し

スポンサーリンク

家探しを始めてみたものの…

こんにちは。

僕たち夫婦の住宅探しが始まって2ヶ月ほど。

 

まずは住宅展示場に行き、そして数社ハウスメーカーを訪問し、説明を聞き、見積をもらう。

それぞれの営業さんから各メーカーの特徴について教えてもらうんですが、だいたいどのメーカーさんも流れは同じで、大まかな会社説明から入り、まずはモデルハウスを見ながら家の内装外装、断熱構造、耐震構造、水回り等の設備の説明を受け、時間があれば概算見積を提示してもらいます。

だいたい所要時間は3時間くらい。長いと4時間になることも…

 

そんなことをこの2ヶ月、毎週末続けてるとさすがに疲れてきました(;´∀`)

集中して長時間話をを聞くのって結構精神的に疲弊するんですよね(;・∀・)

 

ハウスメーカーは違えど今時の家の特徴はだいたいどこも似通ってます。

アパレルや音楽などのカルチャーと同じで、住宅もその時々の流行りがあるんです。とくに間取りなんかは。

20年以上前はリビング・ダイニング・キッチン・和室と各部屋が仕切りで別れていましたが、今はLDKで住空間を大きく取るのが主流です。

 

設備面も最近では高断熱、太陽光など、最新の設備を入れて快適に暮らす住まいの追求にシフト化してきています。

 

その流行りの枠の中でも各社でウリにしているポイントが違ってて、各営業さんが自社のオススメを熱心にアピールしてくるわけです。

お客である僕たちも、その違いを必死に理解しようと前のめりで話を聞くわけです。

 

で、一通り話を聞いて、最後に大まかな見積額を提示されるのですが、その額が思ったより高かったりすると絶望して、どっと疲れが押し寄せる(;´∀`)

これが毎回のパターン(>_<)

 

家に帰ったらバタンキューですよ…

まあ、家探しをされてる方はみんな同じ体験をしているのではないでしょうか…

 

前置きが長くなりましたが…

 

CMにつられてスーモカウンターに

妻と家まじどーしよ~、決められへん( ̄▽ ̄;)となってたその時、TVでふとあるCMが目に入ったのです。

 

そう、あのDA PUMPがリズミカルなフレーズで踊るSUUMOのコマーシャルですね🎵

【公式】SUUMO(スーモ)TVCM「スーモとDA PUMP(30秒)」篇

 

DA PUMPといえば「USA」で2018年下半期、世を席巻したのはご存知の通り。

そのCMを見て僕たち夫婦は「そうだ、スーモカウンターに行こう!」となったわけです。

 

住宅探しでどツボにはまっていた僕らにはISSAが救いの神に見えました☆

 

なぜ最初にスーモを思い付かなかったのか…ずっと知ってたんですけど、多くの人と同様にまず住宅展示場に行ってしまいました…

 

余談ですが、僕は4人の頃のDA PUMPも結構好きでした、おっさんなんで割りと世代です。ISSA歌うまいし。

 

スーモカウンターの相談内容

そして、いざスーモカウンターに向かいました(`・ω・´)

たまたま僕の地域にカウンターがありラッキーでした。ただ人気なんで予約必須ですよ、

担当者は少し年下の女性スタッフ、丁寧で物腰やわらかな方です。

まずはぼくたちの住宅に関するヒアリングから。

・予算

・建築時期

・地域

・欲しい設備

・その他要望

などを伝えます。

 

僕たちの場合,

・予算は一般的な注文住宅の総額3000~3500万

・時期は今から1年後目処

・地域はお互いの実家の真ん中辺り

・欲しい設備は高断熱、床暖房、太陽光

・収納が多い

・イマドキなスタイリッシュな家

でした。

 

上記ポイントをヒアリングして、僕たちの要望に叶う、もしくは近いハウスメーカーや工務店を紹介してくれます。

ほけんの窓口なんかと同じようなシステムですね。

 

僕たちの場合は一条工務店の温かい家が気に入ってたので

(ただし予算オーバーにて断念(T-T)

譲れないポイント→高気密高断熱、床暖房もしくは全館空調、が必須条件でした。

 

とくに重度の冷え性の妻は温かい家じゃないと納得しません。

 

デザインは和風ではなくモダンでスマートな感じ、内装外装も同じく。

 

他の希望は収納が多くすっきり片付く家、キッチンなどの水回り設備はさほど希望はないので、見ながら決めよう。

といった感じです。

とにかく譲れない第一条件が1にも2にも高気密高断熱です。

 

紹介されたハウスメーカーは

そこで7社ほど紹介されましたが、その中で4社ピックアップしました。

①ヤマト住建

②アイフルホーム

③アイ工務店

④タマホーム

 

僕らの希望である高気密高断熱が実現できる、さすがに一条工務店までは行かなくともそれに近くて、かつ予算の範囲で対応できるメーカーということで勧めて頂きました。

 

特にヤマト住建は兵庫県神戸市に本社を構え、一条工務店の次ぐ高気密高断熱がウリだし、アイフルホームはフランチャイズで低価格なのに業界上位の断熱性。

アイ工務店は最近勢いのある、ZEH対応で設備や内外装に自由度の高い会社。

 

タマホームだけは?でしたが、ローコストメーカーはまだ訪問したことないので、一度行ってみることに。

(残り3社はピンと来なかったか、聞いたことのない工務店だったので除外。)

 

①から番号順位に価格が高く、性能もまた①が一番高い。

こういった感じで自分たちの希望に合うメーカーをスタッフさんのノウハウの蓄積で紹介してくれるので話がスムーズで、大きく外すことが少ない。

 

例えば、北欧風が好きであれば、それが得意な会社を、土地に強い会社もあったり、耐震性が良かったり・・・といろんなパターンに合わせて紹介があります。

スポンサーリンク

スーモカウンターの利点は

・住宅展示場に行ったり、折り込みチラシやネットの情報で飛び込みでメーカーに行き、希望外で徒労に終わる…という無駄を回避できる。

・紹介された会社で納得いかなければさらに紹介してもらえる。

・誰もが気が引ける、お断りの連絡も代行してやってくれる。

・アンケートに答えてリクルートポイントも貰える(1軒につき500ポイント)

・ローンシュミレーションもしてもらえる。

 

最初からポイントを押さえてメーカー探しができるので、実に効率的です。

僕たちのように有名ハウスメーカーから攻めてその金額に青ざめる…(( ;゚Д゚)))

なんてこともありません。

 

最初から行っときゃ良かった…と本当に思いました。

紹介会社に納得いかなければ他にいけばいいし、話を聞くだけでも勉強になります。

 

と、いろいろ語りましたが…

 

後日談・・

後々紹介された会社さんを訪問すると、スーモカウンターの利便性を確かに体感できました。

希望に適応できる会社なので、話もスムーズでした。

(ヨイショしてるようですが本当ですよ(^_^)

 

ようやく自分たちの希望を叶えられるホームメーカーが絞れ込めました。

今後はヤマト住建アイフルホームで検討していく予定。

 

追記①~紹介ハウスメーカーのレポート

紹介4社のレポート

①ヤマト住建

ヤマト住建のモデルハウス見学~神戸発ハウスメーカーの高性能住宅!

 

②アイフルホーム

アイフルホームのモデルハウス見学~cesibo(セシボ)シリーズ!高気密高断熱住宅☆

③アイ工務店

アイ工務店のモデルハウス見学☆~大阪発の新しいハウスメーカー

④タマホーム

タマホームのモデルハウス見学~ローコストメーカーのオシャレな住宅、性能は?

 

追記②~ハウスメーカー決定!

スーモカウンター経由で4社廻った結果、最終的にアイフルホームと契約しました!

 

契約までの経緯も綴ってますので良かったら読んでみてください☆

アイフルホームと契約しました!~建築請負契約内容と契約時見積

スポンサーリンク

 

タイトルとURLをコピーしました